リプレイ:「ファイル−ある女優の喜劇−」

リプレイ:「ファイル−ある女優の喜劇−」

2020年1月20日~2月3日に行われた、トーキョーN◎VA the AXLERATIONのオンラインアクトのリプレイです。RLはアイスクリームさん。参加者はヤマネコと、あきたクグツさん、Super32Xさんでした。ヤマネコはN◎VA-Xは2回目8年ぶり位、Super32XさんはN◎VA初めてオンラインセッション初めての新人さんだったので、RLによる丁寧なルール解説付きでした。

フェイト枠がなぜか正統派神父、最近熱血再起動したBH、擬似64bit機っぽいマキノイドが織りなす、妙なテイストなアクトになりました。一人の女優を巡る悲喜劇は…?

※アイスさんによる再放送がありえるかもしれませんので、参加したい方は読んではいけません!

目次

概要

参加者
RL:アイスクリームさん、PL:ヤマネコ、あきたクグツさん、Super32Xさん(以下、敬称略)

期間
2020年1月20日〜2月3日

キャスト紹介

“聖母の犬”スコット=ラルストン カリスマ◎●,フェイト,イヌ PL:ヤマネコ

ID: C  Aj: 31  Jender: ♂  Heit: 192cm  Weit: 73kg
Eyez: Glay  Hair: White  Skin: White  BirthDay: 5/15

「信徒や隣人の悩みを聞いているうちに、いつの間にかこうなってしまいましてね…」——ご近所のよろず相談所と化している有様を示して。
真教のN◎VA教区事務局で法務(都市法、実務法、教会法、神学法etc.)事務を担当する若き司教。
存続の危機にあるスラム救世教会の支援もしており、木更津のN◎VAモスクとスラム教会を行き来している。

物静かで信徒の話に良く耳を傾け、豊富な宗教・法律知識を基に助言を与える姿から、
聖職者として慕われ…というより、いつの間にかご近所よろず法律相談所と化し、
なし崩しにN.I.K.の鑑札も取ってしまった。国際弁護士資格も有している。

真の姿は聖母殿の異端審問官だが、今回は関係ない。
「行列のできるよろず悩み事相談所」です。

http://navyleague.sakura.ne.jp/ndbax/ndb.php?CMD=view&NO=202&S_CATEGORY=cast

ケイジ“炎上(バーンナップ)”サトウ イヌ◎,カブト●,フェイト PL:あきたクグツ

ID: B  Aj: 30  Jender: ♂  Heit: 176cm  Weit: 74kg
Eyez: 茶  Hair: 茶  Skin: 黄  BirthDay: 11/06

「俺達は神様じゃない。助けられるのはほんの数人だけだ」

子供のころテレビの中のヒーローに憧れてお巡りさんに……なったはずが、
厳しい現実に打ちひしがれ情熱を失ってしまった警察官。

与えられた仕事をただ、淡々と外堀から埋める様に回りくどくこなしていく姿勢を”臆病者”、
法に則った行動しか認めず、融通のきかない性格を”頑固者”と同僚からは評価されていた。

だが人間、一度見た夢をそう簡単に捨てられるもんじゃないらしい。
燻り続けた良心に火が付いたケイジはもう一度悪徳の街に立ち向かう。
自分の中の正義を信じて。

http://navyleague.sakura.ne.jp/ndbax/ndb.php?CMD=view&NO=158&

X-BAND トーキー◎,マネキン,ニューロ● PL:Super32X

ID: C-  Aj:   Jender: ♂  Heit: 165cm  Weit: 165kg
Eyez: bl  Hair: bl  Skin: w  BirthDay:?

放置義体を乗っ取ってマキノイドとしてふらついている。市民権はネットでゲットした。
ネットライターとして糧を得ているが、親愛なるα=Ωさんに何かできないかといろいろ探っている。
好きなゲームはバーチャロン。

http://navyleague.sakura.ne.jp/ndbax/ndb.php?CMD=view&NO=2659&S_CATEGORY=cast

プレアクト

プレアクト購入

スコット:報酬点6点、プレアクト:フェイトコート、コッペリオン
ケイジ:報酬点5点所持。プレアクト購入:アーマージャケット、フェイトコート、MP12、ゾンビライフ×5、ロゴス×20、コッペリオン
XーBAND:報酬点4 プレアクト購入は無し

キャスト間コネクション

RL:カリスマ←カブト←ニューロ←カリスマ (もらう←あげる)の順でキャスト間コネクションの取得をお願いします。

RL:難攻不落ではコネの取り方は特殊で、というか昔ながらで PC1から順にあげる→もらうが常なんですが、今回はルールにのっとり、逆順にもらう←あげるにします
Super32X:ふむふむ
RL:あと、もう一つ特徴的なのが
RL:理性、感情、生命、外界でそれぞれこんな感じと提示して好きなの取得するということもあります
あきたクグツ:まぁ、無理して複数提示したり、どういう印象を持っているか、付き合うスタンスはこんな感じでって書く必要はないので
あきたクグツ:仕事の付き合いかな?【外界】でどうですか? みたいに1個投げでも全然構いませんよね
RL:ですね、無理にひねり出さなくてもOKです

あきたクグツ:
【感情】 聖職者、って感じの人だな。皆あれくらい他人に親身ならいいのに
【外界】信用の在る人だからね、時折聞き込みの手伝いをしてもらうこともある
こんな感じでどうでしょう?
ヤマネコ:ありがとうございます。じゃあ、足で稼ぐタイプだから、聞き込みのお手伝いをしましょう。【外界】で取得

ヤマネコ:
【感情】頑張っているマキノイドは応援しなければ。生計を立てて頑張っているようだし。
【外界】役に立つニュースを届けてくれるので感謝しています。
のどちらかでどうでしょう?
XーBAND:【外界】でとりますー

XーBAND:
【理性】ものすごく人間してるなーあこがれちゃうなー
【外界】いつものケイサツのおにいさん?ですね。
といった感じでしょうか。
あきたクグツ:なやむ。よし、とりあえず【外界】でいただきます!!

ヤマネコ:XーBANDさんは、マキノイドであることを隠してますか? それともオープン?
Super32X:全然隠してませんねー 情勢は知っているのに他人行儀なところがあります。
あきたクグツ:【理性】のほうに近づけるように人間頑張るそ……
Super32X:一貫しない行動をとっていると人間ポイントが増えるようです。

アクトトレーラー

災厄の都市、トーキョーN◎VA。

今夜も一つ、命が消えていき、
命を喰らい、輝く星々がある。

浮気調査に奔走するフェイト。
捜査対象は素性不明。

解決済みの事件を追うイヌ。
捜査線上に消えた政治家。

スキャンダルを狙うトーキー。
女優はプライベートすらクローズ。

一つの命に、複数の人物が絡み合う。

その先には何が待っているのか。

Tokyo N◎VA The AXLERATION
『ファイル−ある女優の喜劇−』

かくて、運命の扉は開かれた

ハンドアウト、アクトコネ配布

PC1:フェイト枠(スコット)

アクト間コネ:幸島 稔 調査対象のさらりまん 推奨:外界
・依頼人は千早のさらりまん、幸島 正(ゆきしま ただし、クグツ◎)。
社内結婚をした妻、幸島 稔(ゆきしま みのり、クグツ◎)が
最近夜になっても帰ってこないことが多くなったという。
浮気を疑った彼は、浮気調査をしてほしいとN.I.K.を通してきた。
いつもの仕事だと請け負ったはいいが、彼女の素性はとてもキナ臭かった。
そこに、とある事件が耳に入ってきて…。

P.S.:幸島 稔の足取りを追う。。
クイックスタート:不屈の探偵

RL:アクト間コネのスートを決定してください
ヤマネコ:RL,NIKを通してというよりは、近所の方で相談しにきた、の方がやりやすいのですが、問題ありますでしょうか?
RL:いえ、かまいませんよ
ヤマネコ:では、【感情】でも問題ない?
RL:ウィ。では、感情で取得でよろしいか?
ヤマネコ:あっと、コネは依頼人じゃなく依頼対象?
RL:コネは調査対象。幸島正から妻の幸島稔の浮気調査を依頼されます
ヤマネコ:それなら、夫婦ともご近所で話にくる関係、という前提で、【理性】でもらおうかと思います。
RL:了解しました

PC2:イヌ枠(ケイジ)

アクト間コネ:荒垣 藤兵衛 捜査線上に現れた重要政治家 推奨:外界
・それは何でもない事件、レッドエリアでマネキンが
殺されたといういつでもあるような事件だ。
犯人であるレッガー、竹光 忠雄(たけみつ ただお、レッガー◎)
がすぐに自首してきたため、すでに解決した事件だ。
だが、一つだけおかしい点がある。
この竹光には、アリバイがなさすぎるのだ。
そして、目撃情報すらも…。
君は捜査線上に上がったものの、“なかったこと”にされた
重要政治家、荒垣 藤兵衛(あらがき とうべえ、カリスマ◎)
が怪しいと思い、独自に捜査を始めた。

P.S.:荒垣 藤兵衛を洗いなおす。
クイックスタート:正義の猟犬

RL:アクト間コネのスートを決定してください
あきたクグツ:いやー、【外界】いったくですねぇw 推奨どおりに頂きます

PC3:トーキー枠(XーBAND)

アクト間コネ:東山 アキナ 注目の新人女優 推奨:外界
・君は、今話題の新人女優、東山 アキナ(とうやま −、カブキ◎)
のスキャンダルを追っていた。
君の勘はよく当たる、彼女には秘密がある。
そう信じて早1週間。
いまだにプライベートさえ、とらえられずにいた。

P.S.:東山 アキナのスキャンダルをものにする。
クイックスタート:遊撃記者

RL:アクト間コネのスートを決定してください
Super32X:取材対象なら【外界】ですかねぇ。【外界】でお願いします。

オープニングフェイズ

OP1 シーンカード:レッガー(逆)

シーンキャスト:スコット
シーンスポット:N◎VAモスク(木更津)/イエローエリア

RL:えーっと、スコットさんのところは、教会?事務所?
ヤマネコ:N◎VAモスク(木更津)とスラム教会どっちかにいるよ
RL:じゃぁ、木更津の方にしよう

RL:いつも夫婦でおしゃべりに来る幸島夫婦。
RL:しばらく顔を見せなかったと思いきや、今日は雰囲気が違った
RL:最近、妻の稔さんが朝帰りが続いているというのだ

RL:正「それで、神父様。もしかしたら・・・もしかしたら、浮気なんではないかと・・・。」
RL:そう、青ざめた顔で目を伏せる正

スコット:「それは心配ですね。正さん。しかし、みだりに伴侶を疑ってはなりません。」
スコット:「何か、思い当たることはなかったのですか?」

RL:正「いえ、まったく。ただ、このところお互い仕事が忙しく、夜の営みがなかったことは確かです。」
RL:めそめそ

スコット:「それは確かに、正さんの不安もわかります。」
スコット:「しかしそれだけで、あの稔さんが、正さんを裏切ったりするでしょうか?」
スコット:「何か理由があってのことかもしれませんね。」
スコット:「稔さんに理由を尋ねてみましたか?」

RL:正「それが、「なんでもない、心配しなくていい。」の一言で、なにも・・・」
RL:正「稔は、確かに私には高嶺の花でした。でも、だからこそ不安で不安で・・・どうにかなりませんでしょうか、神父様!」
RL:がしぃ!がくがく

スコット:「正さんのお人柄は稔さんに伝わっていると思いますよ。しかし、
スコット:「確かに『なんでもない』というのは気になりますね。話せないわけでもあるのでしょうか。」
スコット:「わかりました。稔さんの足取りを追って、彼女の潔白をはらすか、
スコット:もし何かあれば悔い改めるように説得してみましょう。」
スコット:と、督を宥める。

RL:正「あぁぁ、ありがとうございますぅぅぅぅ。」
RL:べそべそ

スコット:(心変わりではなく、何か理由があれば良いのですが…とにかく稔さんに話を聞いてみないと。)
スコット:信徒の家庭の安寧のために、あくまで話を聞きに行くというつもりであるが、
スコット:人はこれ、「浮気調査」というのであった・・・

───シーンエンド

●舞台裏(登場判定失敗のみ)

・ケイジ
D4で登場判定失敗。9しかでないのだよ

・Xバンド
D4で失敗

OP2 シーンカード:トーキー(正)

シーンキャスト:ケイジ
シーンスポット:レッドエリアのモーテル、殺人現場。

RL:それはなんてことない、よくある殺人事件
RL:レッドエリアのモーテルで情婦が殺された。
RL:ただ、いつもと違うのはBHの出番だったってことだ
RL:つまり、被害者はID持ち。
RL:犯人はすでに自首しており、事件は解決していた。

RL:と、それだけならまぁ、ちゃんちゃんで終わる話だが
RL:君はひっかかることがあった
RL:それは猟犬の鼻かもしれない
RL:とりあえず、現場にもう一度足を運んだ君は
RL:頭の中を整理しようとしていた

ケイジ:「星はここで被害者を殺害した。犯人しか知らない殺害手段、状況」
ケイジ:腰に手を当て頭を振る
ケイジ:「そうだ、ここで殺人は起きた、それは間違いない。なら……」
ケイジ:奴はどこらからポップした?
ケイジ:普通の人間がゲームのモンスターみたいにいきなりこの部屋に湧き出るわけがない
ケイジ:「せめて奴がこの部屋に入ってくるまでに目撃されていてくれたなら……」

RL:そう、犯人の姿は、誰にも見られていないかった。
RL:このモーテルの監視カメラはダミー。
RL:目撃証言に上がったのは別人
RL:“荒垣 藤兵衛”

ケイジ:「そうだ、監視カメラや受付、清掃係に従業員に気づかれずに侵入するより」
ケイジ:「都合が悪かったから結果だけ残して間が抜け落ちたって考えた方がしっくりくる」
ケイジ:がしがしと頭をかき
ケイジ:「あー、本部、本部、サトウ警部ですが、重要な目撃証言を得たので聞き込みと裏づけのため、帰還が遅れます」
ケイジ:「なお、参考人が同行を渋っているため連絡もつかないかと、ご了承を、でわ」
ケイジ:一方的な通信、向こう側からは「おいバカやめろ」「面倒ごとを起こさず帰って」等の悲鳴が聞こえるが無視して通信を切る
ケイジ:「最近、こういう勘が外れたことがねぇんだよな……」 それは経験をつんだことによる変化なのか
ケイジ:コートを翻しイエローテープをくぐって現場を後にする

───シーンエンド

●舞台裏(登場判定失敗のみ)

・スコット
H5切り。 終了

・Xバンド
D3で失敗。

OP3 シーンカード:カゼ(正)

シーンキャスト:Xバンド
シーンスポット:テレビ局、裏手駐車場

RL:君の勘は言っている、彼女には”売れる秘密”がある。
RL:そして、彼女の仕事・プライベート、その他もろもろを調べた。
RL:後をつけることも数度。SSSに職質されることも数度。
RL:ここ一週間。とんと、せいかがなかった

RL:今日は、この駐車場で彼女が帰宅するのをストーキングだ。
RL:こんどこそ・・・

X-BAND:「今日も収穫なさそうだけれども、日参してしまう悲しみ。」
X-BAND:「しかし、こんだけ手を出して何もなしっていうのはそもそもこの人存在しているのかって疑うよね。」
X-BAND:「しかしご飯を食べるためには必要な犠牲なのです。ナムナム」
X-BAND:そういってへたくそな隠密行動を続ける。

RL:すると、件の人物が裏口から出てくる
RL:止まっている車のうち、高そうなランジェに乗ると、エンジンをスタートする

Super32X:電脳使って追跡とかできるんでしたっけ?
RL:ランジェはいわゆるリムジンですのー
RL:ここはロボタクという手をつかってみませんか?
Super32X:物理追跡!

X-BAND:早速そこらのロボタクを捕まえる。
X-BAND:「ずっと電脳で仕掛けても無駄だったし物理で追跡してみるかな。
X-BAND:まぁ、相手もさるものだろうけど・・

RL:そうすると、電脳で追いかけたときはすぐにジャミングを仕掛けられていたが
RL:しばらく追跡に成功する。
RL:しかし・・・彼女のマンションは斑鳩にあるという噂だが
RL:その道筋はホワイトから南下するルート。
RL:このままではイエローに・・・・

X-BAND:「なんだか寄り道・・にしては不穏な動き。これはおいしい流れか!」と妙に意気込む。
X-BAND:「でもまあ、慎重に慎重にー」と自分に言い聞かせる。

RL:しかし、かなしいかな目の前で信号が変わり・・・
RL:ロボタクは交通規制を破れない
RL:結局、信号が変わったあとにはランジェは影も形も見つけられなかった・・・

X-BAND:「・・・今度はドローン持ってこよう・・」
X-BAND:でもイラつきが収まらないのでロボタクに蹴り入れて逃げるのであった。

───シーンエンド

●舞台裏(登場判定失敗のみ)
・スコット
C2捨て

・ケイジ
D2はだめなんじゃー 失敗

OP4 シーンカード:カブトワリ(正)

シーンキャスト:スコット
シーンスポット:スラム教会。

RL:うぃ、まずは・・・最後のOP。スコットさんですの。
RL:浮気調査の途中となります。時間軸はようやく全員揃うといったところ
ヤマネコ:OPが2回あるんですか 了解

RL:浮気調査を始めてから、数日がたった
RL:いまだ消息がつかめない稔の行方。
RL:そんな時、スラム教会に来た教徒たちの立ち話が君の耳に入ってきた

RL:教徒A「そういえば、またイヌのおまわりさんが来てるみたいね。」
RL:教徒B「えぇ、マネキンが殺されたっていう事件でしょう?犯人は捕まったっていうのに、なにがあるんでしょうね。」

スコット:「このスラムの事件にまで警察官が来てくださるのは、珍しいことですね。」と、少し話に入ってみる。
スコット:「スラムの治安維持に協力していただけるのならばありがたいことです。」
スコット:「どんな方なのですか?」

RL:教徒A「あら、神父様。いえね、そのマネキン。ここら辺では見なかった新顔で、何でもID持ちだったそうなんですよ。」
RL:教徒B「そうそう、BHが来るなんて珍しくて、しばらく噂で持ち切りだったんですよ。」

スコット:「IDのある方がスラムでですか。事情がおありだったんでしょうね。」
スコット:「しかしBHとはまた。」
スコット:誰が来ているのか調べた方がいいのかな? 情報収集判定?

RL:いえ、まだOPなので
RL:判定はまだです

RL:教徒A「えぇえぇ、それで、実は潜入捜査官だったんじゃないか、とか。逃げてきた犯罪者だったんじゃないか、とか。」
RL:教徒B「いずれにせよ、もう終わった話だったんですけどねぇ。」

RL:と、あれこれ聞いていると、どうもそのマネキンが現れたころが、稔が帰ってこなくなったころと一致していることに気が付く

スコット:(おや、何か関係が? …何事もないとは言えないですか。少し調べてみた方がいいのかもしれません)
スコット:「面倒なことにならないと良いですね。BHの方には操作協力もできるかもしれませんし、
スコット:「一度お会いしても良いかもしれませんね。」
スコット:「とりあえず、この教会地区で問題が起こらないように手は打ちますから皆さんは安心してくださいね」
スコット:と、信徒をなだめ、順番に帰す。
スコット:マネキンの話を、BHに聞いてみよう。
スコット:もし、教えてくれるのならばだが…

───シーンエンド

●舞台裏(登場判定失敗のみ)
・ケイジ
S2で登場失敗

・Xバンド
s6で失敗

リサーチフェイズ

RL:これよりリサーチフェイズに入ります。
RL:・アクトルール
RL:1シーンにつき情報収集判定は一人一回まで。その他の判定は自重の許す限り自由。
RL:切り札あり。インスタントあり。ニューロデッキはBTD準拠でキー札抜いてません。

RL:・初期情報項目

RL:・スコット
RL:【幸島 稔】【マネキン殺人事件】

RL:・ケイジ
RL:【竹光 忠雄】【荒垣 藤兵衛】【マネキン殺人事件】

RL:・Xバンド
RL:【東山 アキナ】【アキナのプライベート】【アキナの仕事】

RL:それでは、リサーチフェイズ、はじまりはじまりぃ〜

リサーチシーン1 シーンカード:フェイト(正)

シーンキャスト:スコット
シーンスポット:斑鳩

RL:ということで、場所どうします?
ヤマネコ:まずは稔を調べたいので、彼女の家の近くですかね
RL:承知しました

RL:ここはグリーンエリアでもセキュリティと人気の高い斑鳩
RL:幸島夫妻のマンションはこの地区にあった。

スコット:「スラムとここでは天国と地獄ですね。何度来てもこの格差には思うところが尽きません…」
スコット:呟きながら後ろを転がるように浮いてついてくるQトロンを連れて歩く。
スコット:「さて、稔さんの足取りを、ご近所の方から聞いてみましょうか」
スコット:【幸島 稔】について情報収集判定

RL:判定技能:<社会:企業><社会:井戸端><社会:千早重工> 相応のコネ
RL:目標値:10,12,16,18
RL:あ、<交渉>でもいいや

スコット:では、<コネ:幸島 稔> 理性6+S10+2(オールドタイプ)=18

RL:すばらしい
RL:10:幸島 稔。千早重工につとめるさらりまん(OL)で、幸島 正の妻。
RL:12:1週間近く前から、夜に出歩き、朝帰りを繰り返していた。そして、数日前、ついに帰ってこなくなった。
RL:16:彼女の所属は千早重工査察部後方処理課(クグツ◎)である。
RL:18:数年前に起きたCMEの【アイドル殺人事件】の真相を秘密裏に追っていた。
RL:以上

RL:ちなみにCMEとはCIHAYA MUSIC ENTERTINMENT
RL:千早グループの芸能部門です
RL:数年まえにCME所属のアイドルが殺された事件がありました。詳細は情報収集にて
あきたクグツ:あそこいつも行方不明なってんな……
Super32X:アイドルとはかくも過酷なものだったのか・・

スコット:「後方処理課…ですか。きな臭くなってきましたね。」
スコット:「これは正さんには言えませんね。とりあえず、無事に帰ってきていただくようにしなければ。」
スコット:考え事をしながらふと、街角の高級文房具店に
スコット:「この先、いろいろな方にお会いすることになりそうです。名刺の用意をしておきましょう」

スコット:ということで、「メイシ・カード」を購入したいです。
RL:外界以下?判定が必要ならどうぞ
スコット:<信用> 外界6+D7+2(レジムスタ)=15 で購入
RL:うぃ

───シーンエンド

RL:●舞台裏
RL:ここから通常の舞台裏判定になります

RL:・ケイジ

ケイジ:H2で登場判定失敗しつつ
ケイジ:ふぅ、次がラスト1まい……
ケイジ:スコットさんとの共通項だし【マネキン殺人事件】についてリサーチしよう

RL:判定技能:<社会:ストリート><社会:警察><社会:メディア> 相応のコネ
RL:目標値:10,12,16

ケイジ:よしよし
ケイジ:オートでスリーアクション起動して通常Mでコッペリオン、追加マイナーでストリームリンク使用
ケイジ:社会:警察 【理性】7+S3+3(装備)+5(特技)=18ですぞ〜

RL:たかいなぁ
RL:10:レッドエリアのモーテルでマネキンが殺された事件。犯人はすでに捕まっている。
RL:12:被害者はミノリ(マネキン◎)。スラムには最近来た新顔だったらしい。
RL:【ミノリ】
RL:16:客はその場でひっかけるのではなく、いつも男と一緒に来ていたという。証言では【荒垣 藤兵衛】に似ている男性だったという。

RL:あ、10の追加情報
RL:担当官は{PC2}
RL:いじょう

RL:・Xバンド

X-BAND:情報収集「アキナの仕事」

RL:判定技能:<社会:メディア><社会:社交界>
RL:目標値:10,16

X-BAND:社会:メディア 理性6+CK(10)+3(ストリームマップ)+3(ニュースソース)=22

RL:げー
RL:10:数年前に無名の事務所から出てきた新人アイドル。
RL:それから年をへて、いまや押しも押されぬ大女優となっている。
RL:16:ブレイクしたきっかけは、当時人気絶頂だったCMEの【アイドルの殺人事件】。彼女の死後、一気に大ブレイクした。
RL:そのころから、社交界にも顔が利くようになっていったという噂
RL:以上

リサーチシーン2 シーンカード:ニューロ(正)

シーンキャスト:ケイジ
シーンスポット:レッドエリア、スラム近郊

RL:場所どこー?>ケイジ
Super32X:そしてかすらない情報。
RL:【アイドル殺人事件】がかぶってるよ
RL:スコットさんのほうにポップしてる
あきたクグツ:殺人現場付近で聞き込みですな
Super32X:神父に凸されるのか・・
あきたクグツ:かすっていなくても大丈夫さ。トーキーにしろフェイトにしろやることは登場して、
あきたクグツ:その場にいるキャストにこれ知らない?って聞くことが重要w

RL:モーテルの周囲はスラム。特にXランクが多いこの辺では、コールガールやジャンキー、ドラッグの売人も路地に転がっている
RL:時たま、制服を確認しているにもかかわらず、声をかけてくる娼婦や、ごみ箱をあさってる長谷部万力などがいた程度だ

ケイジ:「そうかい、ありがとう。今は制服を見れば分かるだろ?仕事中は決まった時間に指定エリアじゃないと休憩できないのさ」 そう言って話を聞いたコールガールにカッパーを数枚渡す
ケイジ:「やはり、出てくるのは新顔で荒垣と個人的に……竹光との接点がまったく見えないぜ」 ますます険が深くなる
ケイジ:「だが、これ以上突っ込むには顔役に通さないとキープアウトされちまう。となると……」 ここは藤咲さんに通すべきかそれとも御堂さんか……

あきたクグツ:ここら辺はそのエリアごとにコミュニティがありますからねぇ、どなたか信用を担保してくれる人はいないかしら
あきたクグツ:ちらっちらっ
RL:スコットさん、出番だ!
ヤマネコ:じゃあ、声をかけてもよろしいですか?w
あきたクグツ:ヾ(>▽<)/ よしなに

スコット:登場判定 <コネ:ケイジ> 外界6+D4+2(オールドタイプ)=12
スコット:「すみません、そこのBHの方…誰かと思えば、サトウさんではありませんか。」
スコット:スラムの緩衝地帯付近。真教徒が身を寄せ合っている教会の近くで、
スコット:見るからに聖職者、という格好もこの辺では浮いている司教に声をかけられた。
スコット:「ここで起こったマネキンの殺人事件について少し知りたいのですが、サトウさんはご存知ありませんか?」

ケイジ:「これは神父様、いつぞやはお世話になりました」 軽く会釈をし
ケイジ:「まぁ、記事の端に載ることぐらいでしたら」と被害者である【ミノリ】というマネキンのホロをだし、
ケイジ:「犯人は、この男です。犯行を自供し自首してきました」 と【竹光 忠雄】のホロを提示します。
ケイジ:「ところで神父様はこの男をご存知ですか?このマネキンと同道しているのを見たことは?」 が、自首してきたことで決着がついているはずの事を調べていると彼は言う

ヤマネコ:司教なのだが、皆「神父様」と呼ぶので、いちいち訂正していない模様。
RL:ビショップですなぁ
RL:だからきっと鑑定もできる!
ヤマネコ:フェイトだし!
RL:?おきもの
Super32X:牧師さんって言って裏でしばかれるのですね。
Super32X:さわってしまった!
RL:きょうふ
あきたクグツ:司教はランクが違いますからねぇとはいえ神父も司教もファーザーと呼ばれるから一応間違ってはいないはず

スコット:RL、ミノリのホロは稔と似ていますか?
RL:ミノリのホロには心当たりがあります。化粧は濃いですが、稔さんですね

スコット:「被害者は”ミノリ”さん? そしてこのホロは…なんですって?」
スコット:ミノリのホロに明らかにおどろき、そして困ったように言う。
スコット:「この被害者は、私が捜索していた『幸島 稔』さんかもしれません。」
スコット:「ご主人に頼まれて探していたのですが…まさか、こんなことは。」

ケイジ:「お知り合いでしたか、お悔やみを」
ケイジ:「ご主人は捜索願等を出されていたのでしょうか?身元が明らかなのでしたら本部に連絡してご遺体の確認をしていただくことになるかもしれません。」
ケイジ:「それにしても所帯ありで娼婦の真似事ですか…家計が逼迫なさっているご様子でしたか?」

スコット:「いえ、それがですね…言いにくいのですが、彼女は、後方処理課の方だったのですよ。私も知らなかったのですが…」
スコット:と、【幸島 稔】の情報を話す。
スコット:「ご主人は浮気の心配をされていて。身元の確認も、千早を通してする方が良いでしょうが、
スコット:「生憎私には千早に伝手はありません。なんとかならないでしょうか?」

ケイジ:「なるほど、アイドルがらみの内偵ですか……」 渋い顔をする企業の闇に踏み込むにはそれなりの武器が必要になる
ケイジ:「ご主人が浮気を疑うのも分かります」 そういって荒垣のホロをみせ
ケイジ:「彼女はしきりにこの男と接触していました。もしかするとその内偵の先が彼なのかも……しかし、実際のところ自首したのは別人、いや」 そう言って考え込む
ケイジ:リサーチ
ケイジ:【竹光 忠雄】 について

RL:判定技能:<社会:ストリート><社会:メディア> 相応のコネ
RL:目標値:10,16
RL:あ、警察もー

ケイジ:さっき現場も調査していたのですが、プロファイリングできるかしら?
RL:んープロファイリングってどんな技能だっけ?
ケイジ:対象の持ち物や犯行現場を確認することでシーンにいない人間に対して知覚を行えるっていう技能
RL:知覚・・・
RL:え?牢屋にいるところが見れるだけだけど・・・(汗
ケイジ:知覚を判定に組み合わせたいのでその理由付けに近いです。
RL:なるほど
RL:OKにします

ケイジ:社会:警察+知覚  【理性】S7+S5+10(特技)+1(装備)=23

RL:10:【ミノリ】殺しの犯人として自首してきたレッガー◎
RL:痴情と金払いのもつれで殺したと自供している。
RL:16:数年前に【アイドル殺人事件】で最重要参考人に指定されていた・・・・・・・・・《不可触》
RL:以上

ケイジ:「そういえば、この自首してきた犯人も【アイドル殺人事件】で重要参考人になっていましたね」
ケイジ:「随分と仕事に嫌気がさしていた時期なのであまり内容は覚えていないのですが……ご存知ですか?」
ケイジ:「奥さんのことはこちらの方でお伝えしようと思いますが、この犯人を上げることが彼女の供養にもなると思いますので」 と聞いてみる

RL:あ、あと、スコットさんはPSの書き換えを行ってもかまいません
あきたクグツ:とりあえず、暗い事項を通達するのはお役所のお仕事です。お任せあれ
ヤマネコ:P.S.は、書き換えたいのですが、
RL:んーと、このまま今のPSを達成として、自発的に協力する。とするか
RL:今のPSを達成とせず、PSを書き換えて、協力するモチベにするか
RL:どちらでもかまわないかと
ヤマネコ:「真実を暴き稔の供養を果たす」とかでもいいですか?
RL:OK

スコット:「メディア関係には詳しくありませんが、信徒の中にはそういう話に詳しい方もいらっしゃいます。」
スコット:「このままご主人に真実をお伝えする訳にもいきませんから、せめて彼女の魂の安らぎのために協力いたしましょう。」
スコット:P.S.を書き換えたいです。「真実を暴き稔の供養を果たす」に変えてもいいですか?
RL:了承

ケイジ:「ああ、感謝します。どうにもBHという肩書きは必要以上に圧を掛けるようで」 苦笑し
ケイジ:「間に入ってくれる方か、信用を担保してくれる後ろ盾が必要になってきていたところなんです」 と手を差し出します
スコット:その手を両手で包むように握り、「貴方の道行に氷の加護のあらんことを。いつでも教会は弱者と真実の味方です。」
スコット:と微笑んで、 チームを宣言してもいいですかな?
RL:OK

───シーンエンド

RL:●舞台裏
RL:
RL:・Xバンド
RL:
X-BAND:登場判定DKで失敗回します。
X-BAND:情報収集します。「アイドル殺人事件」
X
RL:判定技能:<社会:ストリート><社会:メディア><社会:警察><社会:CME> 相応のコネ
RL:目標値:10,16,18,《不可触》

X-BAND:社会:ストリートで判定 外界4+DJ(10)+3(ストリームマップ)+1(コッペリオン)=18
RL:あ、ちなみにコッペリオンはマイナーアクションをつかうので注意
X-BAND:次から書きます。

RL:10:数年前、当時人気絶頂だったアイドル、ミユキ(カブキ◎)が殺された事件。
RL:16:当時はいろいろな憶測や噂が広がり、CMEは火消しに大金を使ったという。
RL:犯人はいまだ捕まっておらず、未解決事件となっている。
RL:18:ミユキ(本名:佐伯 美幸)の姉である【佐伯 稔】というクグツ◎が秘密裏にその事件を追っていた。
RL:以上

X-BAND:ありがとうございます。

リサーチシーン3 シーンカード:タタラ(正)

シーンキャスト:Xバンド
シーンスポット:アサクサ近郊(イエローエリア)

RL:さて、Xバンドさん、やっとこ出番です。お待たせシマウマ。場所はどこがいいでせう?
RL:そして、Xバンドさん、ごめん。さっきの情報。あれ、【東山 アキナ】の情報だったorz
Super32X:稔お姉さんを調べるとしたら、・・どこだろう?
RL:千早関連かなぁ・・・
RL:企業だとグリーンか千早アーコロジーがあるホワイトか
ヤマネコ:一応、私も企業のことある程度詳しいよ。
RL:あるいは、とりあえず合流を目指すか
RL:この辺は今回のトーキー枠の難しいところで、どのネタを深堀していくかで
RL:単独が続いたり、速攻で合流したり。悩みどころだと思います
あきたクグツ:手数が足りないところはあるけど……
Super32X:千早を突っつくと蛇が出そうで怖い。
RL:とりあえず、ほかのアキナの情報を追うというのもありですよ
あきたクグツ:こっちが追いつくのを待ってるだけで状況が進展するかと
RL:というかまぁ、私のミスもありましたし(滝汗
ヤマネコ:「アキナの仕事」がまだ出てないんでしたっけ
Super32X:そうですねーアキナの仕事とミユキの仕事だった部分とか調べましょうか。
RL:【アキナのプライベート】【アキナの仕事】がまだですね
Super32X:そっちのアプローチでCME探っても・・死なないかな?
RL:ちなみに、アキナはCMEじゃないよ?CMEなのは殺されたミユキ
Super32X:・・おお、思い込んでいた。
あきたクグツ:いや、そこで身の危険がデンジャーな情報が出てきたら、
あきたクグツ:ケイジが出てるシーンに登場して助けてくれ!!って言ってもいいわけでして
あきたクグツ:不正な情報を掴んでそれを警察キャラが助けない…は流石にないですよw
ヤマネコ:キャストのBHなら基本は大丈夫なはず。。。
あきたクグツ:基本は大丈夫、レッガーが入ってるとか長いものに巻かれる主義とかプロフに書いてるとめんどくさい絡まれ方することあるけど!w
RL:ふむ、とりあえず、イエローエリア当たりにしましょうか?
RL:アキナが向かった先ですし
Super32X:この前見失ったところあたりから監視カメラハッキングしまくってましょう。
RL:うぃ

RL:ここはイエローエリアはアサクサ
RL:花やしきやアサクサ六区などがある娯楽地区でもある
RL:確かに彼女=アキナはこちら方面に車を走らせていたはずだ

X-BAND:「人気女優がこんな方面に何の用があるのかねぇ」と
X-BAND:期待交じりにハッキングかましてます。
X-BAND:対象は監視カメラ・・あるのかな?
X-BAND:判定は電脳でいいのでしょうか?

RL:そうね、街頭カメラをハッキングだから、電脳でいいでしょう

X-BAND:では電脳3+外界4+DK(10)+1(クロッククラック)=15

RL:ほむ、そうだね
RL:アサクサ六区のほうのカメラにちらほら、それらしき映像が映ってるね
RL:ボーナスとして、【アキナのプライベート】の目標値をちょっとだけさげてあげよう

X-BAND:ではアサクサ六区にむかい、【アキナのプライベート】の調査をします。

RL:判定技能:<社会:ストリート><社会:メディア> 相応のコネ
RL:目標値:成立,12,15

X-BAND:社会:メディアで判定。 肉体3+H10+3(ニュース)+3(ストリーム)=19です。

RL:成立:時々、お忍びでアサクサ六区のライブハウスに出没しているという話がある。
RL:12:一説には、彼女はアサクサ六区からのし上がったレジェンドだという話もある。
RL:15:その実、次代のミュージシャンを見に来たプロデューサなどを【パトロン】とするために来ている。
RL:以上

X-BAND:「パトロン探しねぇ・・ 人気女優続けるのもタイヘンなんだね。」
X-BAND:「ではどんな方が引っ掛かったのか・・お楽しみはこれからだ!」
X-BAND:と言って疲れたから帰るのであった・・

───シーンエンド

RL:●舞台裏

RL:・スコット

スコット:登場失敗はなし。
スコット:「スリーアクション」を購入しておきます。
スコット:<信用> 外界6+DQ+2(レジムスタ)=18
RL:OK

RL:・ケイジ

ケイジ:登場判定でC2を使って失敗
ケイジ:リサーチ
ケイジ:【荒垣 藤兵衛】について

RL:判定技能:<社会:ストリート><社会:メディア><社会:社交界><社会:セニット> 相応のコネ
RL:目標値:10,12,16

ケイジ:社会:ストリート 【理性】7+S10=17 です

RL:10:荒垣 藤兵衛、いま司政官の座を脅かすとすればこの男とさえ言われている政治家
RL:12:だが、女好きでも有名であり、稲垣とは違った意味でレッドエリアにも出没する男。
RL:16:愛人には金の糸目はつけないとさえ言われるパトロンとしても有名。
RL:数年前から【とあるマネキン】に乗り上げてるというが・・・・?
RL:以上

リサーチシーン4 シーンカード:マネキン(逆)

シーンキャスト:スコット、ケイジ
シーンスポット:スラム

RL:お互い話はついた
RL:あとはそれぞれのやることをやるべきだと
RL:そう、別れようとした時である

RL:ぞろぞろと、20名はいるであろう男たちが、手に手に日本刀をもって、君たちを囲んでいた

RL:今回は、謎の勢力からの圧力を受ける二人のシーン
RL:トループとの戦闘シーンです
RL:念のためですが、AXでのカット戦闘のやりかたをお勉強しましょう
ヤマネコ:はーい。戦闘初めてなので助かります。

RL:レッガー「よぉ、はぶりよさそうじゃねぇか、ちょっと分けてくれよ。イヌのおまわりさんと神父さんよぉ。」
RL:リーダーっぽい剃りこみハゲがしゃしゃり出てくる

スコット:「貴方達が真に困窮しているのであれば分け与えるものもありましょうが、どうやらそのような様子ではなさそうですね。
スコット:ケイジの隣に並びつつ、「どうします?」と目配せ

RL:レッガー「ちぃと、邪魔なんだは、あんたら。おとなしくしてんなら痛い目みないですむぞ、おらぁ!」
RL:ガァン!と近くのごみバケツを蹴とばす

ケイジ:「普通さ、人並みに勉強して人並みに頑張って、ちょっと休日を返上すれば綺麗所に晩酌の予約ができる」
ケイジ:「暴力を振るって罰金(ペナルティ)を食らってたらそりゃ財布が寂しくなる。どうした。落ち着けよ」 自販機を指差し
ケイジ:「カフェラテ出も飲むか?糖分をとって頭を回すことを勧めるよ」

RL:レッガー「あ゛ぁ゛?!(ビキビキ)。ぬかしてんじゃねぇぞ、ごらぁ!てめぇはワンワン泣いてりゃいいんだよ!!」

RL:レッガー「てめぇら、やっちまえ!」

───CutIn!!! シーンカード:カゲムシャ(逆)

RL:●戦闘準備プロセス

RL:このプロセスでは、手持ち武器1つぐらいの準備ができます。
RL:あと、装備の確認ですね

RL:レッガーは20人1トループ。降魔刀準備、アーマージャケット装備です。
ケイジ:旋風棍を準備する。撃ち殺しちまうから銃はしまったままだ
スコット:準備するものはありません。装備はフォーマリティとフェイトコートです。
スコット:せいぜい、氷のロザリオを手に持ちましょう。

RL:●位置関係確認
RL:レッガートループ > キャストズ (>=一段階)

RL:●CS確認
RL:レッガー:CS:3 AR:1
スコット:CS:7 AR:1
ケイジ:CS8 AR1 です

RL:●セットアッププロセス
RL:このプロセスではタイミング:セットアッププロセスの特技やアウトフィットが使えます

RL:・ケイジ
ケイジ:セットアップなしでござる

RL:・スコット
スコット:同じく セットアップはありません。

RL:・レッガートループ
RL:なし

RL:●イニシアティブプロセス
RL:このプロセスでは各人のCSを確認し、一番高い人間を確定します。タイミング:イニシアティブプロセスの特技やアウトフィットもこのタイミングです

RL:CS:8
RL:ケイジ

RL:●メインプロセス
RL:・ケイジ

ケイジ:「しかたない、少し相手をしよう。神父様は余り離れないでください」
ケイジ:そういいつつムーブアクションで1段階移動
ケイジ:マイナーアクションでアサルトナーブズを起動
ケイジ:メジャーアクションで 知覚+白兵 【理性】7+5(特技)+SJ=22 ですぞ
ケイジ:攻撃対象はレッガーとループ

RL:ReAction!
RL:[R]<回避★> 【生命】5+H2=7
RL:回避しっぱい
RL:ダメージどうぞ

ケイジ:I+3+D7+2(装備)=12 ですぞ
ケイジ:ぶんっ 何人かのレッガーを棍で殴りつけるがもともと戦闘が得意ではないため
ケイジ:即座に全員を伸すようなことができない

RL:DMG:I+12-2(アマ鮭)=10
RL:半数がふっとんだ

RL:●イニシアティブプロセス
RL:CS:7
RL:スコット

RL:●メインプロセス
RL:・スコット

スコット:「お見事です、サトウさん。そちらの左後ろにも気をつけて。」
スコット:ケイジに声援を飛ばす。
スコット:<叱咤激励> 感情6+C8=14 成功
スコット:ケイジは即座にアクションしてください。

RL:●メインプロセス
RL:・ケイジ

ケイジ:「ご心配どうも、俺はこの手の荒事に向いていないので」 その言葉に反応してぶんっと後ろに棍をふり
ケイジ:ムーブアクションはなし
ケイジ:さっき同様マイナーでアサルトナーブズを起動して
ケイジ:知覚+白兵 【理性】7+5(特技)+Joker=23
ケイジ:「暴行の現行犯だ!おとなしくしろ!!」
ケイジ:と言ってレッガートループに攻撃

RL:ReAction!!
RL:[R]<回避★> 【生命】5+H6=11
RL:失敗!

ケイジ:I+3+H8+2(装備)=13 多分たおせたはず!

RL:DMG:I+13-2=11
RL:残り半分も吹っ飛んだ

RL:敵性勢力の消滅を確認。カット進行を終了します

RL:───CutOut!!!

ケイジ:「俺はともかく、神父様はこんな連中に恨みを買う覚えは?最近地上げにあっているとか」 と一応確認
スコット:「スラム教会に圧力をかける者達は多くいますが、このような手合ではありませんね。」
スコット:「おそらく、今回の事件絡みでしょう。」

───シーンエンド

RL:●舞台裏
RL:・Xバンド

X-BAND:登場判定はなしで。

X-BAND:前回でた【パトロン】の情報収集をします。

RL:判定技能:<社会:ストリート><社会:メディア><コネ:東山 アキナ> 相応のコネ
RL:目標値:15

X-BAND:社会:メディアで判定。感情8+C6+3(ニュース)+3(ストリーム)=20

RL:15:東山アキナのパトロンは複数存在していて、時期によってコロコロ変わっている。
RL:一番長続きしているのは数年前からパトロンになった【荒垣 藤兵衛】という政治家である。
RL:以上

リサーチシーン5 シーンカード:カリスマ(逆)

シーンキャスト:Xバンド
シーンスポット:木更津教会(イエロー)

RL:さて、Xバンドさんのシーン。場所はどちらにしませう?
Super32X:荒垣さんを調べるには・・どこだろうか。
RL:場所的にはどこでもよさそうですが
RL:レッドエリアやイエローエリアにはアングラなハッキングスポット=ネカフェみたいなところがありますし
RL:セキュリティが高いところならグリーンかホワイトですのぅ
Super32X:Xバンドくんは政治関係の情報のコネが‥
RL:そろそろ合流を考えてもいいかもしれませんね
Super32X:神(α=Ωさん)に頼ればいい知恵くれるかな。)
RL:アルオメはテクノロジーかなぁ
RL:やぁ、●●。これこれについてしらないか?とかいいつつ合流とか
Super32X:よし、こまったから神父フェイトに力になってもらおう。
Super32X:教会行きまーす。
RL:じゃぁ、ここはイエローは木更津教会にしようとおもうのだが
RL:どうだろう?>スコットさん
ヤマネコ:いいですよ
Super32X:ちなみに神父は困った困ったと言えば相談に乗ってくれるので重宝しています。(ゲス顔

RL:アサクサを抜け、イエローを歩く
RL:知りあいを訪ねるためだ。
RL:区画が違うとはいえ、多少の情報は持ってるかもしれない

X-BAND:そこな信徒さんを見つけて声かけます。
X-BAND:「ビショップさんはいらっしゃいますでしょうか?ええと、スコット様です。」

RL:信徒「司教様ですか?えぇと、先ほどまでお出かけになられてたようですが・・・。」
RL:ちょっと困り気味

ケイジ:社会:ストリート 【外界】5+D5=10 で登場判定成功

X-BAND:(空ぶったか)「ではこういうものが困りごとで訪問した伝えていただけますか?」と連絡先提示。

スコット:「ご足労願ってすみませんね。こちらなら邪魔は入りにくいでしょう」
スコット:と、BHらしき人を案内しながら歩いてくる、真教装束の人。
スコット:あれ、裾踏まないのか誰もが気になるところである。

X-BAND:その声を聞き振り向き、「あ、神父さん!困りごとですよ!」と。

スコット:「おや、Xーbandさん。どういたしましたか?」
スコット:ケイジに「こちらにたまに相談に見えるWEB記者さんです」と紹介

X-BAND:そしてBHを見て真顔になります。「先客さんでしたか?出直したほうがよさそうですね。」とリムーブぎみ。
X-BAND:一応自己紹介しよう。「初めまして。ひとり者の記者やっているXBANDと申します。どうぞよろしく。マキノイドですけどね。
X-BAND:と、とってつけた笑顔〜

ケイジ:「ああ、そうなんですね。フリーランスかい?そう構えなくていい」
ケイジ:「BHは市民の味方だとも、目の前で犯罪行為をしたりしない限りはね。そこだけは気をつけるといい。マキノイドというだけで犯罪者扱いする連中もいるが」 と肩をすくめます
ケイジ:「なにか事件に巻き込まれたとか?身の危険を感じるようなら力になれるかも知れないぞ?」 と聞いてみよう

X-BAND:「事件関係ではありませんが、顔の広い神父様のつてをお借りしたかったのですよ。荒垣なんたらさんとか。」とぽろぽろ喋ります。
X-BAND:「まあ、芸能関係なので警察の方とは縁遠い話かもしれませんけどね」

スコット:「荒垣氏というと、サトウさんが調べていた方では?」
スコット:と、ケイジに振ります。

ケイジ:「マネキン殺害の容疑者だよ。と、いっても確証が足りないがね」
ケイジ:「何年か前にアイドルの殺人事件があってそれとも関わりがあるらしいとも言われている」
ケイジ:「そういう君はゴシップ系には強いほうかい?そんな事件について覚えはないだろうか?」 と聞いてみます

X-BAND:「容疑者・・今追っかけてるのが芸能系の話なんですけどね、数年前の【アイドル殺人事件】っていうのはこっちでも情報に出てきたんですよね‥」
X-BAND:「私の追っている東山アキナっていうのがその事件後に出てきて、そんで最近荒垣氏がパトロンになってるとか、までは出てきたんで。それで神父さんのコネ使おうと。」
X-BAND:と、神父のコネであるBHを使おうとするムーブ。

スコット:「私の伝手をたどるのは結構ですが、この話はかなりキナ臭いようで、気をつけてくださいね」
スコット:「そして、“佐伯 稔”さんと言いましたか? サトウさん、もしかして幸島 稔さんは…」
スコット:話がつながってきたと、サトウに確認する。

X-BAND:なんか進展しそうでわくわくしてます。

ケイジ:「旧姓だな、IDの変更申請が確認できた」
ケイジ:「ということは、この事件の元にはやはりこの【アイドル殺人事件】があるということか?」
ケイジ:「事件後に有名になった人間とそのパトロン…・・・彼らはミユキを追い落とすために何らかの工作をした共犯者だった?」
ケイジ:「それを調べるために幸島稔は荒垣に近づき、なんらかの証拠の手がかりを掴み、消された」
ケイジ:「確かにしっくりくる流れだ」

X-BAND:「芸能界怖い・・」

ヤマネコ:何に真実打つかですねー
RL:一番楽なのはまず竹光に打つ
RL:そうすると、過去の事件の全貌がわかる
あきたクグツ:だよね
あきたクグツ:竹光がどうしてっていうところだけど、ミユキの殺害の実行犯もこいつだった説?
あきたクグツ:荒垣がいるからほとぼりが冷めたら出してもらえるみたいな取引があったのかな
あきたクグツ:うん、やっぱこっちの推論をベースにして竹光を問いただして
あきたクグツ:証言を得られたら荒垣にアクションをかける

スコット:「そうですね。Xーbandさん。私は幸島…佐伯 稔さんの後を追って事件の真実を調べています。」
スコット:「サトウさんはこのアイドル殺人事件を追って。」
スコット:「そして、Xーbandさんは、これからどうしたいのですか? もう既にかなり危険なところまで踏み込んでいるように思えますが…」

X-BAND:「職業記者として命くらいはかけませんとね(バックアップはあるし)。それに黙っておくことはできませんからちゃんと記事を完成させませんと。」
X-BAND:完成品でないとお金にならないからなぁとか思っているのであった。

スコット:「それでは、一緒にいらっしゃると良いでしょう。行き先は同じなようですから。」
スコット:Xーbandを手招き、 チーム宣言。
スコット:「サトウさんと一緒にいれば、危険も少ないでしょう。」

X-BAND:では名刺交換を・・  名刺がない。

ケイジ:「君はパズルは額縁に隙間なく埋める口か?芸術家としては満点だが」
ケイジ:「トーキーを続けたいならお勧めできない生き方だな。世の中、完成した絵が美しいものとは限らない」
ケイジ:「完成品に一筆加えるのも、1ピースかけたものではぐらかすのも長生きのコツだと思うよ?」 と苦笑します
ケイジ:自分は曲げないのは秘密だ

X-BAND:「何をもって完成品とするかはその人次第ですね。しかし私のものはそもそも完成があるのかどうか。
X-BAND:なやましいかぎりですねぇ」とかなんか知ったかぶっておこう。

ケイジ:「とりあえず、竹光を崩す方向でいきます。口裏を合わせていただけると」
ケイジ:と荒垣に礼状を出すにはまだ足りないと示し
ケイジ:無理筋を使う手伝いを要請する。聖職者にお願いすることではないのだが……

スコット:「竹光氏の隠し事を洗うのが手掛かりとなりそうですね。協力いたしますよ。」
スコット:「稔さんの魂の安寧のためにも、真実を突き止めなければなりません。」

X-BAND:「あ、関係者情報とか伏せるところは教えてくださいね。そういった配慮苦手なんで・・」
X-BAND:では口裏関係のお話をするとして、神父さん何かいいお店知ってますか?」
X-BAND:と地元の人に振ってみるのだった。

───シーンエンド

リサーチシーン6 シーンカード:カブト(正)

シーンキャスト:ALL
シーンスポット:BARモント

RL:場所は適当なお店でいいかしら?
ヤマネコ:Xーbandさんが良ければ適当なお店で。
Super32X:BARモントですね。カレーが甘い。
RL:S城秀樹似のバーテンダーがリンゴとはちみつを入れている

RL:そこは手短にあった店だったが、間接照明の効いた
RL:オーセンスティックバーだった
RL:名物はカレーと壁に紙が貼ってある以外は
RL:普通のBARである。

RL:君たちは、バーテンダーの計らいで、一番奥のボックス席へと通された

X-BAND:「では、カレーを大盛3つ頼むとして・・何かトッピング入ります?」
スコット:「ええと…
X-BAND:「これからの動きですが、おそらく官憲がらみになりますのでサトウさんに仕切ってもらったほうがいいのかな?」
スコット:「そうですね。サトウさん、お願いします。」
ケイジ:「俺はコーヒー。君は好きなように頼むと言い」 と言いつつメモ用紙をX-BANDに渡す
ケイジ:「君にやってもらいたいのは具体的には2つ。荒垣と東山アキナの2ショットの画像を作って欲しい。そしてこのモーテルの監視カメラの画像に出てくる荒垣の画像を合成する」
ケイジ:「つまり違法行為ってことだ。それについて君が罪に問われることはないって約束しよう。俺がどこの誰とも分からない情報屋から買ったものだからね」
ケイジ:「で、もし誰かに聞かれることがあったら、ぼかしつつそんなこともあったような?程度で頷いてくれればいい」
ケイジ:「なにしろ、君の素性を竹光が知っているわけじゃない。いろいろ掴んでるんだよ?ってしたり顔でニヤついててくれれば相手はそれだけで嫌がる」
X-BAND:「画像加工とかはしたことないんで適当にでっち上げになると思うけど・・ とりあえず現場では私は情報を仕入れてますって顔はしてますね。」
ケイジ:「ああ、取っ掛かりでいいんだ。コラージュで構わない。他の部署で検証してもらうわけじゃないからな」
ケイジ:「で、神父様には被害者の身元の証明をお願いします」
スコット:「幸島 稔さんの身元ですね。もちろんです。」
ケイジ:「彼女が、“佐伯 稔”でもあることを証言してもらえれば数年前の事件との関連性を匂わせることが出来ます。、妹さんのことを詳しく説明する必要はありません」
ケイジ:「あと、神父様は普通に立っていていただくだけで十分です。あくどい事をしている奴ってのは」
ケイジ:「正しい人が泰然としているだけで気おされますので」

あきたクグツ:あの手の人って、ニコニコ笑って立ってるだけで言葉に詰まるよね……(ぉ
RL:スコットさんのイメージが
RL:絵があるのにも拘わらず
RL:ツインシグナルのオラトリオ(超まじめバージョン)に思えてくる
Super32X:私はバヨネット二刀流で戦うんだよね。と感じました。
ヤマネコ:皆、神父に酷いイメージ持ってる!
あきたクグツ:ヘルシングとかが悪いんや……

───シーンエンド

リサーチシーン7 シーンカード:ヒルコ(逆)

シーンキャスト:ALL
シーンスポット:BH本部、留置所

RL:場所は、留置所でいいかな?
あきたクグツ:あ、はい
あきたクグツ:えっとケイジとしては
あきたクグツ:1.荒垣と東山アキナの逢引がすっぱ抜かれていることや消されているはずの現場の写真を提示する
あきたクグツ:2.殺された稔と数年前の事件の関連を提示する
あきたクグツ:3.どんな取引をしているかはわからないけれど後がなくなりつつある荒垣があんたのケツを持ってくれるかはわからないぞ
あきたクグツ:から真実を撃って行って
あきたクグツ:お前はやっていない、そうだろう?的な感じかな〜って
あきたクグツ:漠然すぎるかな?
ヤマネコ:私はそれでいいと思いますが
Super32X:竹光が本当に行なった行動を吐かせるのが目的かな?
あきたクグツ:うちとしては目的は荒垣が犯人だ!ではなくてあんたはやっていない!という確証を得たいんですよね
あきたクグツ:やらされているならどうしてそうした。ってことを知りたい
あきたクグツ:いまって俺が犯人ですって言ってる竹光がいるせいで荒垣にスポット当たらない状況じゃないですか
あきたクグツ:PLとPC的には荒垣で決まりなんですけどw
RL:コンフリクトがあるなら今出しちゃったほうがいいかな
RL:目的は《不可触》のカウンターではあるけど
RL:たぶん、こぅ、不可触に対するアプローチが逆な感じ?
あきたクグツ:回りくどいかな?1発で全部つまびらかになる聞き方がやっぱりあるのか
RL:んーと
RL:不可触は過去の事件に対して行われていて、その続きで今回竹光が犯人になってる
RL:というつもりだったんだけど
RL:まぁ、とりあえず進めようか

RL:ケイジが戻ってくると、レイから一発ぶん殴られたが
RL:それ以外は特に何もなく
RL:竹光のもとへと、面会が許された
RL:牢屋にはぼーっとうずくまる竹光がいるだけで
RL:看守も一歩下がって見ている

ケイジ:「竹光さん、貴方の証言と食い違う内容が出てきたので確認をさせていただきたい」
ケイジ:「貴方は●月×日 モーテルでマネキンのミノリさんを殺害した。そう証言していますね」
ケイジ:「しかし、貴方の証言だけで実際のところその姿を確認することができず我々としては貴方を拘留するしかありませんでした」
ケイジ:「しかし、ここにきて新たに容疑者が浮かび上がりました」 そういってX-BANDに合成してもらった荒垣のホロを見せ
ケイジ:「この人物に見覚えは?」

RL:竹光「・・・ふん。」
RL:一瞥しただけ

ケイジ:「そうですか、この男性と移っている女性ですが、結構有名人ですよね。貴方も関わりがある【アイドル殺人事件】の後にどんどん注目を集めた人です」
ケイジ:「ところでその事件の被害者CME所属のアイドル、ミユキ(芸名)さんは今回の被害者は実の姉妹だそうですね。ようやく関係者が見つかって確証をえられました」

RL:竹光「?!・・・そ、それがどうした!」
RL:明らかに目が泳ぎ始める
RL:動揺がみてとれた

ケイジ:「なぜ、こんなことを私が知っているかわかりますか?千早が疑いの目を荒垣氏に向けているからですよ。関係者を2人も消してしまった」
ケイジ:「彼が貴方にどう言ったのか、想像でしかわかりませんが」
ケイジ:「このままいけば、貴方がどういう運命をたどるかわかりますよね?」 荒垣が助けなければ司法によって豚箱へ、そうでなくても千早に睨まれながらではこの町で、いや
ケイジ:どこで生きていけるのか?そう問いかけるように一拍置き
ケイジ:「本当に貴方がミノリさんを殺害したんですね?現場検証をするために一度ご同道ねがってもよろしいですか?」 《真実》

RL:竹光「・・・・・・・・・」
RL:竹光「俺は・・・数年前、アキナのマネージャーだったんだ。」
RL:竹光「あぁ、ミユキ・・・アイツさえいなければアキナはもっと輝く、だから殺した!」
RL:竹光「荒垣さんはその時、俺の素性を隠蔽し、竹光 忠雄としての人生をくれた。」
RL:目を見開き、口元に笑みを浮かべ
RL:竹光「ほら、わかっただろう?影を差す奴さえいなければアキナはもっともっと輝くんだ!」
RL:竹光「そして、今回・・・それを邪魔する奴が現れた。」
RL:竹光「荒垣さんは言った・・・あの時の貸しを返してもらおう。と・・・」
RL:竹光「だから俺は・・・俺はぁ!!!!!けひっけひっ!」
RL:それはまるで、狂信者だった
RL:東山 アキナという偶像を崇拝する。
RL:竹光「アキナは俺を、そして荒垣さんを踏み台にして、もっともっと・・・・もっとぉ!!!」

RL:それ以降は話にならなかった
RL:だが、確証は得れた。ミユキ殺害、そして幸島 稔殺害に、東山アキナと荒垣藤兵衛がかかわっていると

RL:《不可触》がカウンターされました

ケイジ:「この男はミノリの殺害には直積的には関わってはいなかった、だが、この数年来の事件としては十分に加害者の一員だった」
ケイジ:「あんたは裁かれる、だが、一人では終わらせないぞ」

───シーンエンド

リサーチシーンLAST シーンカード:ミストレス(正)

シーンキャスト:ALL
シーンスポット:BH本部前

RL:とりあえず、今日はクライマックスやね
あきたクグツ:どうするべきか
Super32X:凸していいものかどうかですね。
あきたクグツ:国家権力を前出ししちゃうと前回の二の舞だし
あきたクグツ:クグツとしてはですね、一度後ろに引っ込むべきだと思うんですよね ケイジだけ
RL:まぁ一応ね
RL:シーン初めに、Xバンドさんに一行振って、乗り込めー
RL:ってのを考えてる
Super32X:挑発に今回の件を「暴露」してみたり・・
Super32X:戦いの狼煙は上がった!
あきたクグツ:かっこいい……挑発通り越して殴りつけてるけどw
ヤマネコ:シーンによって様子見て動くかなあ。私は
Super32X:むしろ神父が懺悔の時間だコラァと乗り込むとか‥?
ヤマネコ:そこはトーキーの出番じゃないの?

RL:君たちが竹光から情報を得、BH本部を出たころ
RL:Xバンドのタップにコールが入る。
RL:曰く、荒垣と東山のアドレスがある一か所で重なった…と

X-BAND:「ふむん、都合のいいことに先ほどお話に出たお二人さんが某所でお会いになっているらしいですぞ。」
X-BAND:「まさに据え膳。行きますか?何か準備しますか?」
X-BAND:「エスコートいたしますぜ。荒事はお任せしますが。」

スコット:「行くべきでしょうね。私は稔さんのことを最後まで見届けなければ。」
スコット:「この街では、正しいものが廃れ、悪徳が蔓延る。…そう信じ切っている者に、
スコット:「氷の安寧は訪れないことを、示す必要があります。」
スコット:「荒事はお任せしますが、サトウさん、お願いできますか?」

ケイジ:「俺の腕前は見ただろう?俺は肉壁になることは出来ても取り押さえられるかはお相手氏に酷く依存する」
ケイジ:「だから本来は連れて行く事だってご勘弁願いたいくらいだ」 がしがしと頭をかいて
ケイジ:「もし暴力に訴えてきたら時間くらいは稼いぎます。万が一にもそういうことになったら俺を置いて一目散に逃げること。いいですね?」 と一応念を押しておく

X-BAND:「この義体はもったいないですからね。適当にかましたらちゃんとすたこら逃げますよ。ではいきましょう行きましょう。
スコット:「ええ、わかりました。さて。では、Xーbandさん、行きましょうか。」
X-BAND:そういって軽い足取りで先導していくのであった。

───シーンエンド

クライマックスフェイズ

クライマックスシーン1 シーンカード:クロマク(逆)

シーンキャスト:ALL
シーンスポット:高級マンション(ホワイト)

そこは、荒垣が愛人を囲っている高級マンション
その一室
タップに表示されているアドレスは
この扉の向こうを指している

セキュリティはバッヂが有効だった。
そして───

X-BAND:「インターホン・・鳴らしますか?」となんとなく聞いてみる。
スコット:「……お邪魔しづらい雰囲気ですが、突撃の方が良いのでは?」
X-BAND:「いやー複数で尋ねるってしたことないんですよね。では蹴破ろう!やってみたかった!」
X-BAND:とおもむろに蹴りを入れた。

RL:バンッ!
RL:と扉は勢いよく開き
RL:奥へと進んでいくと
RL:そこはベッドルーム…
RL:しどけなさを残した半裸の男女二人が、そのキングサイズの海に沈んでいた

X-BAND:「警察だ!」
X-BAND:「容疑がかかっている。同行願おうか!」
X-BAND:といいながらスクープをタップに納めます。

RL:荒垣「な、なんだ貴様らは!」
RL:アキナ「BHって、何の用よ?」

RL:男は慌てているが、女は落ち着いている
RL:業界用語でいえば、枕営業といえるだろうが・・・

X-BAND:「え?私はBHじゃないですよ?」と私はいぶかんしんだ。

RL:荒垣「いきなり入ってきて、何事かね?ことと次第によっては裁判を待つ必要もないが・・・」

スコット:「貴方たちには罪を悔い、懺悔する機会があります。」
スコット:「アイドル殺人事件のこと、稔さんを殺したこと。…身に覚えがないとは言わせません。」

X-BAND:「初めまして。私の名前はXBAND。フリーのトーキーをしています。お二人に数年前おきたアイドル殺人事件とこの前のマネキン殺人事件についてお伺いしたくて。」
X-BAND:「先ほど竹光?さんがあなた方にそそのかされたと自供したのでやってまいりました。」
X-BAND:「まあ、粗方わかってるのですが当事者からも事情を聞きたくて。いやあ、双方向からの情報でないと公平性が保てないじゃないですか!」
X-BAND:と、セリフを読んでいるかの如くペラペラ喋ります。

RL:アキナ「…アイドル殺人事件にマネキン殺人事件?…“何のこと”かしら?」
RL:不敵な笑みを浮かべる

RL:荒垣「ふん、なんのことか、私にもわからんな。」
RL:《M&A》
RL:効果:情報規制により、再度真実を隠す

RL:さて、神業合戦の皮切りだ
ヤマネコ:防御神業はサトウさんにお任せかな
あきたクグツ:よし、さらっと弾いて攻めを継続しよう!!
RL:ところで、神業あと何残ってる?
<#神舞台裏:scott_7>ゴスペル、制裁(防御神業に変更可能)
Super32X:暴露 お願い 電脳神 でございます。

スコット:「いえ、貴方は知っているはず。悔悛の機会は1度だと言いました。」
スコット:「他者を踏みつけて生き、その先に何を望むというのですか。」
スコット:「真実をお話しなさい。」
スコット:《真実》
スコット:効果:M&Aによる隠匿を剥す(真実を喋らせる)

RL:荒垣「・・・くっ、小銭稼ぎにしてはしつこいやつらだな。」
RL:荒垣「あの女は邪魔だったから消した。それだけだ。なにが不満だ?」
RL:荒垣「数年前のこともきれいにしてやったのに、しつこくてな。」
RL:荒垣「死ねば得する人間がいる、その人間の為に安い命をはらったのだ。」
RL:荒垣「そこに、貴様らがなんの関係がある?他人の命など、安かろう?」

RL:アキナ「………」
RL:男の独白に、剣呑な表情の女

X-BAND:「なるほど、人の命は安い。というか価値判断は己が決めるるもの。誰かか勝手に判断していいものんではありませんよ?」
X-BAND:「割と生まれてからすぐに習ったんですが・・割と人の世ではそうではなかったりするんですか?」
X-BAND:「ところでその人の命より大事なものって何だったんです?」
X-BAND:と気軽に質問した。

RL:アキナ「………はぁ〜、さっきからさぁ、“なんの話”をしてるのよ。」
RL:アキナ「アイドル殺人事件?マネキン殺人事件?“あたしには関係ない”わよね?」
RL:たばこに火をつけて一服

X-BAND:「おや、東山アキナさんはこの話ご存じでないのですか?わからないのなら荒垣さんに聞いたほうがいいですよ。割とあなたと関係してますから。」
X-BAND:情報は金並みに価値高いですからね。知らないと損しますよ。まあ、処理できない程度の人もたまにはいますが。」
X-BAND:と(あ、ごめん残念な子だったのかな。かわいそうに)という感じでやさしく話してあげます。

RL:アキナ「わかってない坊やだね、あたしは“知らない”と言ってるんだよ?」
RL:ウザそうに一瞥して
RL:アキナ「荒垣ぃ、もういいわ。黙らせてくれない?」
RL:《プリーズ!》 to《神の御言葉》
RL:対象:X-Band 精神ダメージ:21番

RL:荒垣「ふむ、残念なのは君のほうだよ、トーキー君。」
RL:荒垣はそういうと、“室内のセキュリティをONにする”。電磁波による人間電子レンジの出来上がりだ。

X-BAND:「キャー サトウサーン」

ケイジ:ぴーっぴーっ甲高い電子音が鳴り、その思惑が打ち消されたことが報告される
ケイジ:DAK「現在、お客様のIDは凍結状態にあり当該施設のセキュリティ管理権限を有しておりません」
ケイジ:DAK「繰り返します。管理権限がなく人体に害のあると判断されるセキュリティを使用できません」
ケイジ:《難攻不落》

RL:《チャイ》
RL:アキナ「権限はあたしにあるわ。」

RL:うーむ。ここはこの一手かな
RL:これで電脳神でカウンターすればいけるかなぁと
RL:あとこちらの残りは素の《神の御言葉》のみ
RL:ゴスペル、制裁×2、プリーズ
RL:暴露があまりか
Super32X:ちゃんと記事にして暴露してあげますよ!
あきたクグツ:私がやり申したって明言してくれましたしね

X-BAND:「いえ、ないみたいですけど・・どうされました?」
X-BAND:≪電脳神≫

RL:荒垣「小うるさいトーキーだ、もういい、散れ。」
RL:《神の御言葉》
RL:対象:X-Band 精神ダメージ:21番

ヤマネコ:これは、プリーズでサトウに助けてもらう?
ヤマネコ:制裁は普通に売って良さそうだけどし
Super32X:なんとなくアキナ氏に真実打ち込みたい気がしない・・しなくない?
Super32X:神父さんのかっこいいところ見てみたいなー
あきたクグツ:えっと防衛者ってどんなこうかやったっけね
RL:他人しか守れない難攻不落だったかしら
ヤマネコ:他人しか守れない、霧散が近い
あきたクグツ:うちもアキナに真実打ち込みたいなぁ、ここでアキナだけ言い逃れされても悔しい
ヤマネコ:じゃあ、制裁を防衛者で撃ち込むか
Super32X:黙秘などさせるものかー
あきたクグツ:アキナが関与を口にすれば暴露でアキナはアイドルから転落するし荒垣は……どうにでもできるでしょうw

スコット:「人の心を踏みにじることに、貴方は何の痛痒も覚えないようですね。」
スコット:「神の威光を与えられた言葉を口にできる者は、その力を正しく使うべき義務があります。」
スコット:「落ち着きなさい、Xーbandさん。貴方の魂は救世母の愛により護られる。」
スコット:「恐れることなく真実へと向かうのです。」
スコット:《制裁》 宣言:<防衛者> 防御神業に変更。
スコット:退場はなし。
スコット:効果:Xーbandへの精神ダメージを打ち消す。

X-BAND:「カーチャン・・」

X-BAND:「では神父様。≪真実≫明らかに。≪お願い≫できますか?」
X-BAND:なんだか改宗しそうな顔で神父のほうに振り向いた。
X-BAND:宣言:≪プリーズ≫→スコット≪真実≫

スコット:「東山さん。貴女も偽りの仮面を捨て、真実を語るべき時が来ました。」
スコット:「悔い改めなさい。すべての罪をここに、告白なさい。」
スコット:「何事にも終わりは訪れるものです。」
スコット:《真実》
スコット:効果:アキナのアイドル殺人事件、マネキン殺人事件への関与の真実を喋らせる。

RL:アキナ「ふん、なによ、悔い改めることなんて何もないわ。」
RL:たばこをもみ消し
RL:ペルソナチェンジ:カブキ◎→クロマク◎
RL:アキナ「そうよ、あいつにやらせたのも、こいつにやらせたのもあたしよ。」
RL:アキナ「でもそれがなにか?この世界でのし上がるには踏み台なんていくらでもあるじゃない?」
RL:アキナ「邪魔なものは消す、踏み台は登る。そうやって今の地位を築いたのよ。文句あるわけ?!」

RL:アキナ「あんただって、信者の金を巻き上げて、のうのうと生きてるじゃない!」

ヤマネコ:ゴスペルの使い方、要望求む
RL:こすいやり方していいなら
RL:アキナをけしかけるので、ゴスペルで士気消失にもってくとかあるけど
あきたクグツ:実際問題、荒垣は21点で終わらせてもいいのだよね
RL:あとはあれだ
RL:エンディングで適当に
RL:っていうかあるじゃん!
RL:使い道!
RL:正さんを説得せな!
ヤマネコ:そうか! そうしますか。
Super32X:ああ・・正さんを稔さんのもとに送るという・・
RL:送るな(w
Super32X:まさに神父。

X-BAND:「別に生き方をとやかく言うつもりはありませんが。」
X-BAND:「リスクのある生き方をすればリスクが返ってくる。ただそれだけのことですよ。」
X-BAND:「ただあなたの生き方がほかの人たちとマッチングしなかったのです。しょうがないね。」
X-BAND:「だからブラックリストにポーンと入れられるのさ。」
X-BAND:「というわけで取材に協力ありがとうございました!ぜひ記事読んでね!」
X-BAND:とタップにピコピコし始めます。

───シーンエンド

エンディングフェイズ

エンディングシーン1 シーンカード:カタナ(正)

シーンキャスト:ケイジ

ケイジ:「えっ、なんですって!?荒垣が!?」
ケイジ:交通課からの一報を聞いて驚きの声を上げる
ケイジ:「それで、容態のほうは?はい、公判に出るのは無理そうですね」 《制裁》
ケイジ:裁判を受けさせるために荒垣を護送していた車両がカーライルとの抗争の流れ弾を受けたというのだ。
ケイジ:車両の中にいた荒垣は逃げることも出来ずに重傷。助かる可能性は……

RL:こ、こいつ。本当に抹殺しやがった
Super32X:すっとぼけながら抹殺。いやー警察怖いはー

ケイジ:「ですが、彼の自供は善意の協力者からもらった音声データがありますし、竹光の証言も、はい、有罪は被告人なしでも確定するかと」
ケイジ:だからか……
ケイジ:「芸能界の闇を垣間見たつもりでしたが……企業の闇はもっと深かったって事ですかね?」
ケイジ:彼は手を出すべきではないところに手を出し、その証拠を掴まれてしまった。カーライルの抗争?まさか
ケイジ:「竹光と東山のほうはもっと厳重な警護が必要かもしれませんね。はい、微力を尽くします」
ケイジ:ふぅ、とため息をつき
ケイジ:「裁きたくても裁けない。どうして世の中こう」
ケイジ:「うまくいかないんだろうな」 そう言ってまたがったヴィークルに火を入れた

───シーンエンド

エンディングシーン2 シーンカード:イヌ(逆)

シーンキャスト:X-バンド

X-BAND:「いやあ、今回の記事は骨が折れたなぁ・・」と独り言をつぶやきながら
X-BAND:記事の見直しを終え、アップロードしていた。≪暴露≫(アキナの真実、アイドル殺人事件の真相?)
X-BAND:しかし、このような記事を書いてもその事実を快く思わないものが力を持っている限り
X-BAND:瞬く間に話題の彼方に去ってしまうだろう。
X-BAND:しかし、現実よりも広大な電脳世界に放流すれば見つけようとすれば探し出せるものとなる。
X-BAND:そんな風になればいいなと思いにふける。
X-BAND:今は自分の足跡をなにがしかに残す手段として記者という職にとりあえずすがっているのであった。
X-BAND:そしてお金にもなるしwinwinだよね!
X-BAND:広告収入はうまし。
X-BAND:あと教会とBH(にだれか)に少し喜捨しないとなぁ・・と思うのだった。

───シーンエンド

エンディングシーン3 シーンカード:アラシ(正)

シーンキャスト:スコット

スコット:ゴーン ゴーン ゴーン…
スコット:木更津N◎VAモスクに、葬送の鐘が響いていた。
スコット:喪服姿の人々の中心で、力なく棺に縋っているのは幸島正であった。
スコット:「この者、幸島稔の魂が救世母の御元に召され、雪と氷の下で永遠の安寧を得られんことを…」
スコット:葬送の言葉を述べていた司教が、そっと正の肩に手を置く。
スコット:「正さん、妹さんの仇を討てなかったことは心残りかもしれませんが、
スコット:「稔さんは、貴方との生活の中で、初めての安寧を見出していたと思いますよ」
スコット:「稔さんから聞く貴方の話は、いつも暖かく、幸せに満ちていました。」
スコット:「稔さんの仇は、結局は滅びました。もう、心残りはなく、
スコット:「貴方の思い出を胸に氷の下で安らぐことができるのです。」
スコット:《神の御言葉》
スコット:説得オプション相当 効果:正の心を慰める。
スコット:
RL:正「司教様……はい。」
RL:今だ涙は枯れずにいるが、重く深く瞼を閉じ、一礼
RL:
スコット:稔さんを助けられなかった。
スコット:それは心残りではある。
スコット:しかし、卑小な人間である我が身にできることは、そんなに多くはない。
スコット:信者から金を巻き上げて生きていると、彼女は言っていたが、
スコット:それは正しくない。
スコット:人は弱く、心の支えを必要とする。また、魂の救いも。
スコット:その思いに少しでも答えていくことが、己にできる使命である。
スコット:ほんの少しでも、この闇深い街に光を燈し続ける。
スコット:その先に、地上の楽園が、わずかなりとも近付くのだろう。
スコット:ただ、祈る。

───シーンエンド

RL:蛇足
RL:SPS配布「鉄槌と救済を」

Tokyo N◎VA The AXLERATION
『ファイル−ある女優の喜劇−』
───XYZ

ポストアクト

RL:まずはお疲れ様でしたー
あきたクグツ:お疲れ様でした!
ヤマネコ:おつかれさまでした。
Super32X:おつかれさまでしたー
RL:皆様のおかげでなんとか終わらせることができました
RL:感謝を
あきたクグツ:途中で空回りしてぐだったけど……終わってよかった……
RL:ちとマスタリングで甘いところがあってご迷惑おかけしました
ヤマネコ:いえいえ、初N◎VAーXとして、わかりやすいルーリングで、色々と勉強になりました。
Super32X:オンセは初めてなのでいろいろとありがとうございました。
Super32X:そうそう、このXBAND君は165cm165kgというドラえもん体系なので、それを想像すると・・ よりヘイトが高まる。
RL:・・・あれか、シュタインズ・ゲートの彼みたいなもんか(w
あきたクグツ:ダルかぁ
Super32X:はしだいたるくんですね。近いですね・・
ヤマネコ:というか、セガサターンの画像をキャラシに貼っていませんでしたか
Super32X:セーガー
Super32X:電脳世界だとセガサターンなのですぞ。
RL:では、改めて、おつかれさま&ありがとうございました
ヤマネコ:ありがとうございました。楽しかったです。
Super32X:お疲れさまでした!面白かったです!
RL:どもども
Super32X:トーキーは・・なかなか難しいですね。
ヤマネコ:それでは落ちますね。お疲れ様でした!

感想

久々(8年ぶりですか?)のN◎VA。面白かったんじゃ〜。神父ムーヴがいまいち浮かばなくて四苦八苦してましたが、共演者が味がある2人だったので、引き立ててもらえましたね。あきたクグツさんのケイジさんも、最初はパッとしないキャラだったけど何年も使っているうちに味が出てきたと言ってたから、スコットも磨けばいい味に成長する…といいなあ。かなりお気に入りのキャラではあります。暴力派でない裁判官系の審問官。次は自分でアクトを立てる番なので、色々読み込まないとなあ。久しぶりのN◎VAの街は、変わっていたけど変わっていませんでした。